この感情に名前をつける

まっすぐに生きたいわー

ヒートプレスについて

ヒートプレスにあたって大抵は素材で迷って

塩ビにしましょう、と書かれていることが多いです。

私は流し読みしすぎて有毒ガスがでるかでないか見たいなすごく適当な理解をしていました。

のでヒートプレスの素材について勉強してみました。

塩ビとPETとPPの違い 

塩ビ

ポリ塩化ビニル - Wikipedia

合成樹脂(プラスチック)の1つで塩化ビニル(クロロエチレン)を重合したもの

PET

ポリエチレンテレフタラート - Wikipedia

ポリエステルの一種

PP

ポリプロピレン - Wikipedia

プロピレンを重合させた熱可塑性樹脂

 

ちょっとどれもとっちらかってよくわからない説明なので、

細かく語句を調べました。

ウィキさんみると用語の用語で果てしなく調べ続けてしまいますね。

 

熱可塑性樹脂=熱硬化性樹脂・熱可塑性樹脂・形状記憶樹脂に分かれる合成樹脂のひとつでPE、PP、PVC、PS、アクリル樹脂等が含まれる

ポリエステル=熱可塑性樹脂に分類される合成樹脂のひとつ

 

ということで要は全てプラスチック(合成樹脂)ではあるのですが、PETだけがエンジニアリングプラスチックというものに分類されています。

エンジニアリングプラスチック - Wikipedia

ここに答えがありそうですね。

 

エンジニアリングプラスチック

上記のエンジニアリングプラスチックの記事にあるとおり、

「エンプラは耐熱性が優れているため、ある程度の高温環境でも強度が維持できる。」

反面「熱に弱い汎用プラスチックは部材としてもちいると摩擦熱や使用環境の温度が高いと強度不足で破損する等の問題点」があるわけです。

でもヒートプレスするとなると、熱に弱い方がいいのです。

熱で溶けて柔らかくなって再成形したいから。

 

結論

ヒートプレスをするなら熱に弱くて再成形しやすい塩ビでやりましょう。

 

ということなんですね。

 

ま、じゃあPVCじゃなくて、熱に弱いPEやPPやPSじゃダメなの?っていう疑問はどこまでも続くのです。(果てしないので今回はここまで。)

 

耐え切れずにプラ板

ついでにプラ板って?

www.mini-mono.net

こちらを参考にしました。

 

「具体的に言うと、ポリスチレン(PS)を延伸加工した『二軸延伸ポリスチレン(OPS)』が、縮むプラバンの正体です。」

 とのことで、二軸延伸とか前職業でチラッとやったなぁ。。。(余談)

こちら上記で疑問に思ったPSみたいですね。 

さて、気になる記述

 

「ポリスチレンだったら、全て縮むという訳ではありません。縮むプラバンと、縮まないプラバンがあります。」

 

ほぅ・・・

この縮まないプラ板ならば、ヒートプレスに使えるのでは???

タミヤの透明プラ板なら縮まない???

ちょっと調べたぐらいではでてきません・・・ううむ

っていうかなんでもたしかに全部プラだけどプラにしすぎだよ・・・

ということで細かいことは持ち越しです!

 

この間プラケース屋さんに聞いたら、塩ビは長期間店頭に置くと黄変しやすいから長期間店頭におくならオススメしません。PPならいいんですけどね。

っていうこともいわれました。

手強しプラ・・・奥の深い世界でした。

 

比較

主なプラスチックの特性と用途

ヒートプレスしたいだけなのにだいぶ専門的になってしまいました。

 

以下は参考までに、今回見たサイトです。

ポリエチレン(PE)とポリエチレンテレフタレート(PET) | ポリ袋・ビニール袋のことなら包装技術ねっと

www.petbottle-rec.gr.jp

www.petbottle-rec.gr.jp